Compass note

未踏の地へ踏み出すコンパス的エンジニアノート

暗号資産(仮想通貨)

LINE BITMAXの「入出庫」「入出金」「購入売却」の違いと特徴を解説します。

【注意事項有り!!】LINE BITMAX に限らず暗号資産(仮想通貨)取引所では「入金/出金」「購入]売却」「入庫/出庫」ができます。 LINE BITMAX ではLINE Pay または銀行口座から入出金できます。 入出庫は他の取引所/Walletと暗号資産(仮想通貨)のやり取りがで…

LINE BITMAX の手数料を解説します。【注意しないと高いです】

【注意事項あり!!】LINE BITMAX の手数料を解説していきます。LINE BITMAX は、LINE株式会社のグループ会社が運営する暗号資産(仮想通貨)取引所のです。

【公式より詳しい】LINE BITMAXとは?やってみた口コミ・評判・評価を解説します。【LINEの仮想通貨取引所】

【注意事項あり!!】LINE BITMAX は LINE の暗号資産(仮想通貨)取引サービスです。実際に使ってみた私の口コミレビュー、調べてみ評判、評価を解説します。

LINE BITMAXの暗号資産(仮想通貨)「貸出」サービスを解説します。(レンディングサービス)

【注意事項あり!!】LINE BITMAX の「貸出」サービスは「貸出期間は最小1日からOK」「申請後最短で当日返却可能」「毎日貸借料が貯まる」ことが特徴的です。 また、2020/12/3 より、暗号資産貸出サービスに「固定期間型」の提供も開始されています。 「固定…

LINE BITMAXのスプレッド比較や確認方法を詳しく解説します。

【注意事項有り!!】暗号資産(仮想通貨)取り引きにおける「スプレッド」とは、スプレッドとは売値と買値の差額のことです。 LINE BITMAX で暗号資産(仮想通貨)を買うときの値段は、暗号資産(仮想通貨)を売るときの値段より高く設定されています。 ドルを売…

LINE BITMAX には取引所機能がありません。販売所と取引所の違いを解説します。

LINE BITMAX は LINE のグループ会社が運営する暗号資産(仮想通貨)取引所ですが、暗号資産(仮想通貨)でいうところの「取引所」の機能はなく販売所としての売買のみができます。 本記事では、「販売所」「取引所」の違いをわかりやすく解説します。

暗号資産(仮想通貨)取引所の比較まとめ

暗号資産(仮想通貨)取引所により、販売所/取引所で扱える暗号資産(仮想通貨)が異なります。 販売所はスプレッドが広いので取引所でなるべく売買した方が良いです。 どの暗号資産(仮想通貨)がどの取引所で売買できるのかをまとめました。

【実際使ってみた!】Coincheck と楽天ウォレットを使ったビットコインをお得な買い方

暗号資産(仮想通貨)取り引きができる Coincheck と楽天ウォレットを実際に使い倒した中でわかってきた機能やメリットを比較し解説します。 楽天ウォレットのは「楽天スーパーポイント」をビットコインに変えれることが一番のメリットです。

【どこで買える?】ポルカドット(DOT)のすべて【bitFlyerとGMOコインで買えます】

仮想通貨ポルカドット(DOT)を買える仮想通貨取引所の紹介をします。また、ポルカドットについての詳しい説明もありますよ!

【これで快適!】YouTube広告をブロックして消す世界一簡単な方法【しかも稼げます】

【広告ブロック!!】【しかも仮想通貨もらえる!!】テレビのCMほどじゃないけど、YouTube を多く見ている僕には広告がじゃまでしかたなかった。 Chrome の拡張機能等いろいろな方法を試した結果、僕は Brave というブラウザを使うことでうざい YouTube 広…

【実際使ってみた!】私のbitFlyer口コミレビューとみんなの評判まとめ

【秘密を暴露!!】bitFlyer には使ったことある人しかわからないお得な機能が盛り沢山です!! 高騰したビットコインをコツコツ貯めれる★オトクな情報★をまとめています。

私のコインチェック(Coincheck)を使ってみた口コミ&調べた評判・メリット/デメリットを解説します。

インチェック(Coincheck)はマネックスグループ株式会社の子会社であるコインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。 コインチェック(Coincheck)は、国内でも最多の仮想通貨を取り扱っています。 また、累計 300 万人を突破し国内最大のスマホダ…

【動画あり】スマホからCoincheck(コインチェック)登録方法をスクショ14枚でわかりやすく解説。【口座開設はかんたん】

本記事ではスマホから Coincheck(コインチェック)の口座登録をする方法を解説していきます。 Coincheck(コインチェック)の口座開設はたった 4 ステップで完了します。 1. メールアドレスとパスワードでアカウント登録 1. SMS認証 1. 本人確認 1. 二段階…

「Coincheckつみたて」のメリット・デメリットや手数料、スプレッドなどを徹底解説します。

値動きの激しい暗号資産(仮想通貨)において、売買のタイミングに悩む必要がありません。 暗号資産(仮想通貨)を短期の売買で行いたい人には向いていないですが、暗号資産(仮想通貨)の勝ちパターンである「ガチホ」といった中長期運用を行いたい初心者に適して…

Coincheck(コインチェック)のAPIをPythonで叩いてみた。

Coincheck(コインチェック)には公開情報を取得できる Public API と登録アカウントに紐付く Private API の 2 種類があります。 - Public API:ビットコインの価格取得、板情報の取得などログインしなくて取得できる - Private API:個人の所持ビットコイ…

Coincheck「取引所」の使い方、ビットコインの買い方を解説します。【現物取引(板取引)が購入費用下げれます】

「取引所」機能での現物取引(板取引)とは「買いたい値段」「売りたい値段」をそれぞれの利用者が提示してマッチングすれば売買成立する、という仕組みです。 「販売所」は Coincheck が保有するビットコインをあなたと Coincheck との間で売買します。 本…

Coincheck(コインチェック)の指値注文/逆指値注文とは値段を指定した売買方法です。やり方を解説します。

Coincheck(コインチェック)でビットコインを売買する時の方法として「販売所」と「取引所」の 2 つがあります。 「取引所」は Coincheck の利用者同士がビットコインを売買する仕組みです。 この「取引所」において売買レートと注文量の「売買板」を見なが…

【実際使ってみて比較!】CoincheckとbitFlyerどっちが良い?手数料やビットコイン買い方を比較

この記事では国内大手仮想通貨取引所であり、利用ユーザ数が多い Coincheck(コインチェック)と bitFlyer(ビットフライヤー)について、以下の 4 つの観点で比較をしてみました。 1.手数料、2. 取り扱いコイン、3. ビットコインの買い方、4. アプリの機能

Coincheck(コインチェック)で現物取引出来る銘柄の種類をまとめました。

Coincheck(コインチェック)で、板取引ができる現物取引対象の銘柄は 4 つです。 1. ビットコイン(BTC) 1. イーサリアム(ETH) 1. ファクトム(FCT) 1. モナコイン(MONA)

BAT(ベーシックアテンショントークン)はどこで買えるのかを解説します。【実は○○と△△だけ】

BAT(ベーシックアテンショントークン)を買うことができるのは、Coincheck、GMO コイン、bitFlyer の 3 つの大手取引所があります。 - Coincheck - GMOコイン - bitFlyer

無料?高い?どっち??Coincheck(コインチェック)の手数料を比較してカラクリがわかったよ。

Coinceck の口座登録は無料だけど、入金や売買にどのくらい手数料がかかるのかよくわからなかったので調べてみました。

試してみた!Coincheck(コインチェック)の貸仮想通貨(レンディング)を解説します。

Coincheck(コインチェック)はダウンロード数No.のアプリで、初心者でもかんたんに口座開設、ビットコインもスマホ一つで購入できるのが特徴です。 貸仮想通貨(レンディング)サービスは、購入した暗号資産を貸出すことで、貸出期間に応じて一定の利率を得…

【気をつけて!】Coincheck の手数料を激安にする方法を解説します。スプレッドがポイントです。

Coinchekc(コインチェック)の手数料が高い、と感じる人は暗号資産(仮想通貨)の「取引所」と「販売所」の仕組みを理解するのが大事でしょう。

【覚えておこう!】楽天ウォレットでビットコイン買うならスプレッドが広いので注意が必要

【注意が必要!!】楽天ウォレットは「販売所」形式でのビットコイン売買しかできないため、実質手数料であるスプレッドがある分、購入金額が高くなってしまいます。

【できた!!】BraveブラウザとbitFlyerの連携方法【BATウォレットの使い方や手数料も解説】

Braveブラウザ(ウォレット)とbitFlyer連携をスクショ入りで解説します。 Brave ブラウザを利用し広告を閲覧すると仮想通貨の BAT(ベーシックアテンショントークン)をもらうことができます。 BAT(ベーシックアテンショントークン)とは、Brave Software…

【やってみた】Coincheck(コインチェック)からBinance(バイナンス)への送金方法

BINANCE は海外の仮想通貨取引所です。 そのため、国内取引所とは異なり、銀行振込等での入金は出来ません。 Coincheck(コインチェック)から BINANCE へビットコイン(BTC)を送金してみたので、そのやり方を解説します。 ビットコイン(BTC)に限らず、イ…

【危険性あり!?】実際にCoincheck(コインチェック)本人確認に危険性はあるかやってみた。

【危険かも!?】免許証や顔写真の送信を行うCoincheck(コインチェック)かんたん本人確認に抵抗を感じ「危険なのでは?」と思う人も多いかと思います。 ご安心ください。大丈夫です。本記事でしっかり解説します。

【使ってみた】楽天ウォレット と bitFlyer の違いと使い分け方、評判まとめ【スプレッドに注意が必要】

楽天ウォレットと bitFlyer のどちらも使っています。 本記事では、それぞれの特徴やメリット、評判、そして私なりの「楽天ウォレット」と「bitFlyer」の使い分け方を解説します。

CoinList(コインリスト)の登録方法から使い方(入金方法等)、手数料を解説します

CoinLitsとはトークンによる資金調達を支援するサービスです。 また、それ以外にもビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)のウォレットアプリも提供しており、ビットコイン、アルトコインの売買ができます。

Coincheckに上場したIOSTとは?購入方法(買い方・売り方)を解説します。

【注意事項あり!!】国内の暗号資産(仮想通貨)交換所で IOST を買うことができるのはコインチェックだけです。

    Amazonチャージ