Compass note

未踏の地へ踏み出すコンパス的エンジニアノート

【実際使ってみた!】Coincheck と楽天ウォレットを使ったビットコインをお得な買い方

"試して納得。Coincheck と楽天ウォレットの使い分け方を解説。"

暗号資産(仮想通貨)取り引きができる Coincheck と楽天ウォレットを実際に使い倒した中でわかってきた機能やメリットを比較し解説します。

いきなり結論!

  • 楽天ウォレット
    • 楽天ポイントをビットコインに変えるのに使おう
    • 「販売所」形式の売買しか無いので実質手数料が高い
  • Coincheck
    • アプリダウンロードNo.1なだけあって使いやすいデザイン
    • 貸仮想通貨や積立などビットコイン運用機能が豊富にある
    • Web版では現物取引ができる機能がありビットコインを安く買える
  • 総論
    • どちらも無料なので口座開設しておこう
    • 楽天ポイントをビットコインに変え Coincheck に移動させるのが最強

楽天ウォレットのは「楽天スーパーポイント」をビットコインに変えれることが一番のメリットです。

それ以外では Coincheck に勝る点が無いので、

楽天ポイント→楽天ウォレットでビットコイン化→Coincheck へ出庫

のコンボで私はビットコインを増やしています。

コインチェック

Coincheck の特徴と機能

Coincheck はアプリダウンロードNo.1 と人気があります。

特にアプリのデザインが初心者にわかりやすく、初めてでも迷わずにビットコインを購入することが出来ます。

Coincheck の取り扱い暗号資産(仮想通貨)数は日本最多の14種類

2021年1月時点で Coinchekc には 14 の暗号資産(仮想通貨)の売買が出来ます。

  1. ビットコイン(BTC)
  2. イーサリアム(ETH)
  3. ETC(イーサリアムクラシック)
  4. LSK(リスク)
  5. FCT(ファクトム)
  6. XRP(リップル)
  7. XEM(ネム)
  8. LTC(ライトコイン)
  9. BCH(ビットコインキャッシュ)
  10. MONA(モナコイン)
  11. XLM(ステラルーメン)
  12. QTUM(クアンタム)
  13. BAT(ベーシックアテンショントークン)
  14. IOST(アイオーエスティー)

取り扱い数は日本1なのでマイナーな暗号資産(仮想通貨)取り引きをしたい時に口座を開設しておくとすぐ取り引きできますね。

私が実際に使ってみた口コミや他の人の評判を↓の記事でまとめています。

関連:私のコインチェックを使ってみた口コミレビューとネット上の評判やメリデメを解説します。

Coincheck は貸仮想通貨(レンディングサービス)がある

購入したビットコインは短期売買ではなくて中長期的な運用をしたい人に適している「貸し出だし」のサービスがあります。

ガチホ勢には嬉しい預けておくだけで年率最大5.0%のリターンを得ることができます。

詳しくはこちらの記事にまとめています。

関連:コインチェックのレンディングサービスを詳しく開設。

Coincheck は「つみたて」の仕組みがある

Coincheck には面倒な日々の売買を不要にしてくれる「つみたて」の機能があります。

毎月積み立てる金額を決めると自動的にビットコインを購入してくれます。

「毎月積み立て」の他に「毎日積み立て」もあり、値動きが激しいビットコインをドルコスト平均法で買い増しができます。

「Coincheck つみたて」の詳しい解説は以下の記事を参照ください。

関連:Coincheck(コインチェック)の「つみたて」サービスのメリデメを解説します。

Coincheck には現物取引ができる「取引所」機能がある

Coincheck は「販売所」に加えて現物取引ができる「取引所」機能があります。

「販売所」での売買だとどうしてもスプレッドによる実質手数料が多くなってしまうので、ビットコインを購入する時は極力安価に仕入れができる「取引所」で購入することが鉄則です。

Coincheck の「取引所」についてはこの記事で詳しく解説しています。

関連:Coincheck(コインチェック)の取引所機能を使って手数料を安くする使い方

Coincheck のまとめ

Coincheck は初心者から中上級者まで幅広く使える機能が豊富にあります。

アプリダウンロード数No.1なのは納得行く使いやすさ、豊富な機能であり、私自身も長年一番愛用しています。

また、日本一取り扱い暗号資産(仮想通貨)数が多く、今後も取り扱い数は増えていきます。

口座開設はもちろん無料です。

コインチェック

楽天ウォレットの特徴と機能

楽天ウォレットは楽天グループとの連携で最も力を発揮するサービスです。

楽天経済圏にどっぷりハマっている人は楽天ポイントも自然と溜まっているはずなので、そのポイントをビットコインへ変更することができます。

暗号資産(仮想通貨)は値動きが激しく、お金が目減りしてなくなってしまうことをリスクと捉えている人には、ポイントで投資ができるのは嬉しいところ。

楽天ウォレットは楽天銀行口座と連携させよう

楽天銀行口座を持っていれば、最短即日で口座開設が出来ます。

楽天ウォレットは楽天スーパーポイントをビットコインに変換できる

楽天ウォレットでは楽天経済圏で獲得した楽天スーパーポイントをビットコインなどの仮想通貨に変換できます。

楽天スーパーポイント 100 ポイントから交換でき、1ポイント1円相当で交換できます。

同じようにポイントでビットコインを買える取引所としては bitFlyer があります。

bitFlyer は T ポイントをビットコインと交換することができます。

bitFlyer のみが唯一、T ポイントをビットコインに交換できる できる仮想通貨取引所です。

BitFlyer の口座開設(登録無料)

Click!! >> bitFlyer口座開設へ(登録無料)
\ Tポイントでビットコインを買えるのはここだけ /
bitFlyer
bitFlyer

楽天ウォレットはビットコインの証拠金取り引きができる

楽天ウォレットではビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)の証拠金取引が出来ます。

ただし、証拠金取引は「楽天ウォレットPro」という別のアプリインストールが必要です。

楽天ウォレットが取り扱っている暗号資産(仮想通貨)は3種類

楽天ウォレットが取り扱っている暗号資産(仮想通貨)は以下の 3 つです。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

まとめ:Coincheck と楽天ウォレットの機能比較

機能 Coincheck 楽天ウォレット
ポイント交換 無し 楽天スーパーポイントを交換可能
取り扱い暗号資産(仮想通貨)数 14 3
貸仮想通貨 あり(年率最大5.0%) なし
つみたて あり なし
証拠金取引 なし あり

楽天ウォレットは楽天スーパーポイントでビットコインを買うことができるのが最大の魅力です。

それ以外では Coincheck が圧勝しています。

私も両方のアプリ+bitFlyerなど多くの取引所を使っていますが、Coincheck を一番愛用しています。

楽天ウォレットは楽天ポイントをビットコインに変更するだけ、と割り切って使っている感じです。

それ以外は Coincheck が使いやすすぎなので、もう Coicheck で全部いいや、と笑

コインチェック

初心者でも速攻でビットコイン買えます。暗号資産(仮想通貨)アプリダウンロードNo.1のCoincheck(コインチェック)


コインチェック(Coincheck)はマネックスグループ株式会社の子会社であるコインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

コインチェック(Coincheck)は、国内でも最多の仮想通貨を取り扱っています。

また、累計 300 万人を突破し国内最大のスマホダウンロード件数を達成している大人気の仮想通貨取引所です。

スマホアプリの画面がシンプルで、初心者にもわかりやすい作りになっています。チャートや取引画面が見やすく、総資産もすぐに把握できます。

実際に使っていると特に感じることとして、アプリのダウンロードから、アカウント登録、口座開設、ビットコインの購入までを初心者でも迷うことなく行えることが特徴です。

ビットコインは発行枚数が2100万枚と決まっていてマイニング(コイン発掘作業)できる枚数が残り少なく、これからどんどん価格が上昇していくことが予想されています。

また、コロナ禍で世界各国政府が経済活性化策として紙幣を大量に発行することで政府発行貨幣価値が低下し、金の価値が相対的に上昇しました。

この上昇とあわせ、政府が自由に発行できないビットコインの価格も金同等に上昇し、ビットコインの価値はアメリカ大手金融機関が資産として保持する対象になってきています。

www.coindeskjapan.com

私がビットコインを初めて購入したのは 2017年のビットコインバブルが弾けた後の50万円のときです。

2021年現在、ビットコインの価格は400万円に達し約8倍になっています。もっとたくさん買っておけばよかったと公開しています。。^^;

ビットコインには残りマイニング数が減る「半減期」が 2012年、2016年、2020年と約 4 年に 1 度発生し価格が大きく跳ね上がりました

今後も半減期は 4 年毎に訪れるため、今からコイン獲得しておくと価格上昇の波にうまく乗れる可能性がありますね。

私は Coincheck、DMMビットコイン、楽天ウォレット、bitFlyer などを利用しています。

一番ビットコインを保管しているのは Coincheck(コインチェック)です。

初心者が使いやすい画面であることと、中上級者必須の「取引所」の板取引、ビットコインを年利5.0%で貸し出せるレンディングサービスもありガチホ運用できるから愛用しています

私が実際に使ってみた口コミレビュー、みんなの評判などを記事にまとめています。

関連:私のコインチェック(Coincheck)を使ってみた口コミ&調べた評判・メリット/デメリットを解説します。 - Compass note

こちらの記事には Coincheck(コインチェック)の口座登録方法をわかりやすくまとめていますのであわせて参照ください。

関連:【動画あり】スマホからCoincheck(コインチェック)を登録する方法をスクショ14枚でどこよりもわかりやすく解説します。 - Compass note

コインチェック