Compass note

未踏の地へ踏み出すコンパス的エンジニアノート

Coincheck「取引所」の使い方、ビットコインの買い方を解説します。【現物取引(板取引)が購入費用下げれます】

"Coincheck「取引所」での板取引の使い方、買い方を解説します。"

Coincheck では取扱通貨全てで現物取引(板取引)の「取引所」機能での売買が出来ます。

「取引所」機能での現物取引(板取引)とは「買いたい値段」「売りたい値段」をそれぞれの利用者が提示してマッチングすれば売買成立する、という仕組みです。

「販売所」は Coincheck が保有するビットコインをあなたと Coincheck との間で売買します。

「販売所」での取り引きと比べてスプレッドという実質手数料みたいなのが無いため安価にビットコインを買うことができます。

本記事ではより費用を抑えて購入できる「取引所」の使い方、買い方を解説します。

Coincheckの「取引所」での現物売買(板取引)とは?

「取引所」での板取引とは証券売買と同じくこのような板情報を元にして「買いたい値段」を提示します。

"「取引所」での板取引とは証券売買と同じくこのような板情報を元にして「買いたい値段」を提示します。"

別の利用者の「売りたい値段」とマッチングすれば売買が成立する仕組みです。

Coincheckの「取引所」での買い方、使い方を解説します。

Coincheck の「取引所」での売買の使い方を解説していきます。

Coincheckの「取引所」はスマホアプリでは使えません

Coincheck の「取引所」での売買はスマホアプリ上ではできません。

Web ブラウザからの操作が必要になります。

Web ブラウザで Coincheck(コインチェック)にログインする

"Coincheck(コインチェック)公式サイトに「取引アカウント」でログインします。"

Coincheck(コインチェック)公式サイトに「取引アカウント」でログインします。

注文量、売買金額を決めて「注文する」

"注文量、売買金額を決めて「注文する」"

ビットコインを買う時は、取引したい注文を押すと、左上の「現物取引」欄に注文内容が反映されます。

OKなら「注文する」を押せば取引成立です。

  1. 「買い」ボタンをクリック
  2. 「注文量」に買いたいビットコインの通貨単位を入力
  3. 「BTC買い板/売り板」から買いたいレートの金額をクリック
  4. 「概算」に購入金額が反映されたのを確認
  5. 「注文する」で注文を確定する

Coincheck の「取引所」の特徴

Coincheck の「取引所」で扱っている暗号資産(仮想通貨)、手数料などの特徴を解説します。

Coincheckの「取引所」はリップルを扱っていません

Coincheck(コインチェック)の「取引所」で現物取引ができるのは

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETC)
  • ファクトム(FCT)
  • モナコイン(MONA)

の 4 種類だけです。

リップル(XRP)は「販売所」での売買のみで「取引所」の現物売買では扱っていません。

リップル(XRP)の「取引所」での現物売買は bitbank が扱っています。

Coincheckの「取引所」で売買する時の手数料

Coincheck の「取引所」で現物売買を行うときには手数料はかかりません。

Taker 手数料、Maker 手数料ともに 0.000 % です。(2021/02時点)

coincheck.com

Coincheckの「取引所」と「販売所」の違いを解説します

Coincheck では取扱通貨全てで板取引の「取引所」機能での売買が出来ます。

「取引所」機能での板取引とは「買いたい値段」「売りたい値段」をそれぞれの利用者が提示してマッチングすれば売買成立する、という仕組みです。

「販売所」は Coincheck が保有するビットコインをあなたと Coincheck との間で売買します。

種類 売買する相手 手数料
販売所 あなたとCoincheck スプレッドが実質手数料
取引所 あなたと別の売買する人 売買手数料

Coincheck のスプレッドについては別記事で詳しく解説していますのであわせてお読みください。

【気をつけて!】Coincheck の手数料を激安にする方法を解説します。スプレッドがポイントです。 - Compass note

Coincheckの「取引アカウント」と「決済アカウント」の違い

Coincheck にログインする時に「取引所アカウント」「決済アカウント」が選択できます。

「取引アカウント」はビットコインなどを売買する時に使うアカウントです。

「決済アカウント」はビックカメラなどのお店でビットコインを現金やクレジットカードの変わりの決済手段として使う時のアカウントです。

初心者でも速攻でビットコイン買えます。暗号資産(仮想通貨)アプリダウンロードNo.1のCoincheck(コインチェック)


コインチェック(Coincheck)はマネックスグループ株式会社の子会社であるコインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。

コインチェック(Coincheck)は、国内でも最多の仮想通貨を取り扱っています。

また、累計 300 万人を突破し国内最大のスマホダウンロード件数を達成している大人気の仮想通貨取引所です。

スマホアプリの画面がシンプルで、初心者にもわかりやすい作りになっています。チャートや取引画面が見やすく、総資産もすぐに把握できます。

実際に使っていると特に感じることとして、アプリのダウンロードから、アカウント登録、口座開設、ビットコインの購入までを初心者でも迷うことなく行えることが特徴です。

ビットコインは発行枚数が2100万枚と決まっていてマイニング(コイン発掘作業)できる枚数が残り少なく、これからどんどん価格が上昇していくことが予想されています。

また、コロナ禍で世界各国政府が経済活性化策として紙幣を大量に発行することで政府発行貨幣価値が低下し、金の価値が相対的に上昇しました。

この上昇とあわせ、政府が自由に発行できないビットコインの価格も金同等に上昇し、ビットコインの価値はアメリカ大手金融機関が資産として保持する対象になってきています。

www.coindeskjapan.com

私がビットコインを初めて購入したのは 2017年のビットコインバブルが弾けた後の50万円のときです。

2021年現在、ビットコインの価格は400万円に達し約8倍になっています。もっとたくさん買っておけばよかったと公開しています。。^^;

ビットコインには残りマイニング数が減る「半減期」が 2012年、2016年、2020年と約 4 年に 1 度発生し価格が大きく跳ね上がりました

今後も半減期は 4 年毎に訪れるため、今からコイン獲得しておくと価格上昇の波にうまく乗れる可能性がありますね。

私は Coincheck、DMMビットコイン、楽天ウォレット、bitFlyer などを利用しています。

一番ビットコインを保管しているのは Coincheck(コインチェック)です。

初心者が使いやすい画面であることと、中上級者必須の「取引所」の板取引、ビットコインを年利5.0%で貸し出せるレンディングサービスもありガチホ運用できるから愛用しています

私が実際に使ってみた口コミレビュー、みんなの評判などを記事にまとめています。

私のコインチェック(Coincheck)を使ってみた口コミ&調べた評判・メリット/デメリットを解説します。 - Compass note

compass-note.hatenablog.com

こちらの記事には Coincheck(コインチェック)の口座登録方法をわかりやすくまとめていますのであわせて参照ください。

スマホからCoincheck(コインチェック)を登録する方法をスクショ14枚でどこよりもわかりやすく解説します。 - Compass note

compass-note.hatenablog.com