Compass note

未踏の地へ踏み出すコンパス的エンジニアノート

試してみた!Coincheck(コインチェック)の貸仮想通貨(レンディング)を解説します。

"試してみた!Coincheck(コインチェック)の貸仮想通貨(レンディング)を解説します。"

Coincheck(コインチェック)はダウンロード数No.のアプリで、初心者でもかんたんに口座開設、ビットコインもスマホ一つで購入できるのが特徴です。

貸仮想通貨(レンディング)サービスは、購入した暗号資産を貸出すことで、貸出期間に応じて一定の利率を得ることができます。

本記事では、Coincheck(コインチェック)の「貸出」サービスについて、利率、手数料、メリット/デメリットを解説します。

なお、資金決済法の改正(令和2年5月1日施行)により、法令上、「仮想通貨」は「暗号資産」へ呼称変更されいるため、本記事でも「暗号資産」ではなく「暗号資産」もしくは「暗号資産(仮想通貨)」と表記します。

参考)資金決済法等の改正法の解説 - 金融庁

Coincheck(コインチェック)の使ってみたレビューや登録方法は別記事にまとめています。

私のコインチェック(Coincheck)を使ってみた口コミ&調べた評判・メリット/デメリットを解説します。 - Compass note

スマホからCoincheck(コインチェック)を登録する方法をスクショ14枚でどこよりもわかりやすく解説します。 - Compass note

Coincheck(コインチェック)の貸仮想通貨サービス(レンディングサービス)とは?

"BITMAX の「暗号資産(仮想通貨)貸出サービス」とは?"

「貸仮想通貨サービス(レンディングサービス」とは、購入したビットコインなどの暗号資産(仮想通貨)を Coincheck(コインチェック)へ貸出すことで所定の利率に応じた暗号資産(仮想通貨)を受け取ることができるサービスです。

多くが年率 5 % 程度なので、100万円分のビットコインを預けると 1 年間で 5 万円分のビットコインを得ることができます。

まさしくガチホ勢にピッタリのサービスです。

Coincheck(コインチェック)の貸仮想通貨サービス(レンディングサービス)の特徴

"Coincheck(コインチェック)の貸仮想通貨サービス(レンディングサービス)の特徴"

暗号資産(仮想通貨)を一定期間預けると、利用料が上乗せされて戻ってきます。

この仕組みは、基本的には取引所が直接投資をしているわけではなく、多くの場合は仮想通貨を貸したい人と借りたい人との仲介をしています。仮想通貨の取引には、現物取引のほかに信用取引もあります。

信用取引とは、手持ち資金の数倍の額を動かせる取引のしくみですが、手持ちの額を遥かに超える取引をするには、そのための資金をどこかから借りてこなくてはなりません。そこで、取引所があいだに立って、借りたい人と貸したい人の仲介を行う場合があります。

シンプルではありますが、これが仮想通貨のレンディングのしくみです。

特徴1:最大年率5.0%。待っているだけで仮想通貨が貯まる。

特徴1:最大年率5.0%。待っているだけで仮想通貨が貯まる。

暗号資産(仮想通貨)は値動きが激しく日々動きを確認して売買するのはかなり手間がかかるもの。

また、ビットコインは発掘量が決まっていてこれからも価値が上昇していくことが見込まれています。

なので長期保有による長期的な価値上昇を狙ういわゆる「ガチホ」が戦略として取る人が多いです。

しかし、単純に所持しているだけではもったいないのでこの貸仮想通貨(レンディング)サービスが活きてきます。

売買しない暗号資産(仮想通貨)を貸出することで最大年率 5.0 % で暗号資産(仮想通貨)が増えていきます。

特徴2:全ての仮想通貨に対応している。

" 特徴2:全ての仮想通貨に対応している。"

Coincheck(コインチェック)の貸仮想通貨(レンディング)サービスでは、ビットコイン以外にもイーサリアム、リップル、ファクトムなどの取り扱っている全ての暗号資産(仮想通貨)を貸し出しすることが出来るのが特徴です。

特徴3:Coincheck(コインチェック)の口座を持っていればすぐ開始できる

"特徴3:Coincheck(コインチェック)の口座を持っていればすぐ開始できる"

新しく「歌詞仮想化サービス」に申し込みしなくても普段売買に利用しているCoincheck (コインチェック)の口座があれば、面倒な手続きをせずに貸仮想通貨サービスをすぐ利用開始できます。

眠っているだけのコインならば、貸仮想通貨(レンディング)サービスの口座に預けた方がお得に資産を増やすことができます。

Coincheck(コインチェック)の使ってみたレビューや登録方法は別記事にまとめています。

私のコインチェック(Coincheck)を使ってみた口コミ&調べた評判・メリット/デメリットを解説します。 - Compass note

スマホからCoincheck(コインチェック)を登録する方法をスクショ14枚でどこよりもわかりやすく解説します。 - Compass note

まとめ:Coincheck(コインチェック)の貸仮想通貨(レンディング)サービス

"まとめ:Coincheck(コインチェック)の貸仮想通貨(レンディング)サービス"

Coincheck(コインチェック)の暗号資産(仮想通貨)の貸仮想通貨(レンディング)サービスは、口座を持っていればすぐに開始できます。

また、ガチホするにはピッタリで、預けておくだけで年率 5.0 % で暗号資産(仮想通貨)が増えていきます。

資産運用は複利で時間をかけて増やしていくのが定石ですね。

保持年数 所持金 増える学 合計
1年目 100万 +5万円 105万
2年目 105万 +5.25万円 110.25万
3年目 110.25万 +5.51万 115.76万
4年目 115.76万 +5.79万 121.55万
5年目 121.55万 +6.08万 127.63万

暗号資産は値動きが激しい為、売買の判断に迷う局面が多くあります。

そのような短期売買せず様子見のときは、貸出サービスを使い確実に暗号資産(仮想通貨)の保有量を増やす、という使いみちに適したサービスです。

Coincheck(コインチェック)ならばスマホですぐ使えるようになるので、初心者には扱いやすいです。

さらに、板取引もできるので中上級者でも高度な取り引きができます。

Coincheck(コインチェック)の使ってみたレビューや登録方法は別記事にまとめています。

私のコインチェック(Coincheck)を使ってみた口コミ&調べた評判・メリット/デメリットを解説します。 - Compass note

スマホからCoincheck(コインチェック)を登録する方法をスクショ14枚でどこよりもわかりやすく解説します。 - Compass note

暗号資産(仮想通貨)資産取り引きの勉強に役立った本の紹介

暗号資産(仮想通貨)は「なんか怪しいなぁ」「実態が無いからよくわからない」だったので本を20冊以上読んで勉強しました。

その中でもこれから取り組む人にわかりやすい良書だなぁと思った本を 5 冊紹介します。

  • やっぱりマンガは大雑把な概要を把握するのにピッタリ!
  • シリーズ通して初心者必読の「基本と仕組みがよ〜くわかる」シリーズです。王道ですね。
  • このマンガもわかりやすかったです。
  • こちらも Kindle でサクッと20分ほどで読めるので手っ取り早く理解できます。
  • SPA!BOOKS から出している本でたまにいいのがあります。
  • こういう「がっちり稼ぐ!」「自由に、お金を増やす」系の本はその当時にだけ通用するテクニック紹介で終るのであまりおすすめしません。(読み物としては面白いのですが...^^;)