Compass note

未踏の地へ踏み出すコンパス的エンジニアノート

【やってみた!】OCI上にマイクラサーバを構築してみた【Minecraft統合版(BE版)】

realms 契約するのはなんか負け組っぽいなぁーと思って、Oracle Cloud の always free でマイクラサーバを立ててみた!

基本的に AWS や GCP などのパブリッククラウドを触ったことがある人であれば、特につまずくことも無くできると思う。

今回は Switch からも接続できるように 統合版(BE版)を入れてみました。。

AWS 上で過去に構築した時のメモは以下の記事でまとめています。

参考 >> 【やってみた!】マイクラJAVA版のサーバーをAWSに構築してみたよ【Minecraftサーバの立て方】

ここに書いていることを見て「ちょっと難しそうだなぁ・・・」と思った人は ConoHa VPS(レンタルサーバ)が画面の操作だけでマイクラサーバをポチポチ構築できるサービスを提供しているので一度試してみていいかも。超カンタン。

>> Minecraftサーバを簡単に作れる ConoHa VPS(レンタルサーバ)

Ubuntu 上にマイクラサーバを構築する

いつも使っているマイクラサーバ導入スクリプトが Ubuntu で構築しているので、今回も同じように Ubuntu で作成していきます。

OS 周りの設定

Firewall の設定

  • 25565/tcp
  • 19132/udp
  • 19133/udp

Minecraft 導入スクリプトの実行

$ wget https://raw.githubusercontent.com/TheRemote/MinecraftBedrockServer/master/SetupMinecraft.sh
$ chmod +x SetupMinecraft.sh
$ ./SetupMinecraft.sh
  :
Enter a short one word label for a new or existing server...
It will be used in the folder name and service name...
Server Label:minecraft-server-be
  :
Enter server IPV4 port (default 19132): 
Server IPV4 Port: 19132
  :
Enter server IPV6 port (default 19133): 
Server IPV6 Port: 19133
  :
Start Minecraft server at startup automatically (y/n)? y
  :
Automatically restart and backup server at 4am daily (y/n)? y

これで、マイクラサーバの完成。

あとはいつものとおり、OCI 上のネットワークの通信許可設定をポチポチ入れていくのみ。

    Amazonチャージ