Compass note

未踏の地へ踏み出すコンパス的エンジニアノート

DeFi(ディファイ)と暗号資産(仮想通貨)の関係性をわかりやすく説明します。

"DeFi(ディファイ)と暗号資産(仮想通貨)の関係性をわかりやすく説明します。"

暗号資産(仮想通貨)取り引きを始めある程度知識を得てくると DeFi(デファイ)という言葉に出会います。

まだ日本では一般的な言葉になっておらず、ググっても専門用語が羅列されるサイトばかりで、暗号資産(仮想通貨)の初心者には理解できないのが現状です。

しかし、今後の金融のありかたを一変させる重要なキーワードなので、本記事では DeFi の概要、具体的なユースケース、課題、を詳しく、かつ、初心者でもわかりやすい平易な言葉で解説していきます。

Defi(ディファイ)とは

"Defi(ディファイ)とは"

DeFi(ディファイ)とは「Decentralized Finance」の略です。パブリックブロックチェーン上に構築された分散型の金融エコシステムのことを指します。

一般に”分散金融/分散型金融”などと訳されます。

一般的にはイーサリアム上に構築されたプロトコルやアプリ群を意味し、これらは全てスマートコントラクトによって稼働しています。

補足)スマートコントラクトとは
ブロックチェーン上で契約を自動的に実行する仕組みのことです。 イーサリアムなど多くの仮想通貨でスマートコントラクトが実装されています。 この仕組みは、自動販売機のように利用者が硬貨を投入し、飲み物のボタンを選択した瞬間に売買契約が成立するイメージに似ています。

DeFiエコシステムでは中央集権的な管理主体の影響が非常に小さく、居住地や経済状況にかかわらず誰でもアクセスが可能です。

この点は自国内でしか口座を作成できない既存の金融サービスと一線を画すため、金融のあり方を一変させる可能性があるという点でも着目されています。

これまでの記事を見ていると、DeFiは主にEthereumによるプロジェクトが多く見られるが、その限りではない。Ethereum以外でも、ブロックチェーン上に構築された分散型の金融サービスであれは、DeFiプロジェクトに分類される。

DeFiに注目すべき理由は、ブロックチェーンの用途を単なる価値の移動から、金融での複雑な用途に拡大することにある。

ビットコインとその他の多くのデジタル資産は、取引からすべての仲介業者を排除する点で、VISAやペイパル(PayPal)が運用しているような旧来のデジタル決済とは違う。

カフェでコーヒー代をクレジットカードで支払うと、取引を管理する力を持つ金融機関があなたとカフェの間に入り、取引を自社の台帳に記録し、ときには取引を停止・中断したりする。ビットコインなら、そうした金融機関が不要となる。

大企業が監視する取引や契約は、物やサービスの購入だけではない。ローン、保険、クラウドファンディング、デリバティブ、賭けなどの金融アプリケーションも大企業が管理している。あらゆる種類の取引から仲介業者を排除することは、DeFiの大きなメリットの1つだ。

DeFi(分散型金融)は過去に「オープンファイナンス」と呼ばれることもあった。

DeFi(ディーファイ)は、”Decentralized Finance”(分散型金融)の略。ブロックチェーンを活用し、各種金融サービス(証券、保険、デリバティブ、レンディングほか)で中央一括管理を廃しており、透明性や利便性が向上すると期待されている。

DeFi(Decentralized Finance)とは、ブロックチェーン上に構築される金融サービスやエコシステムの総称で、日本語では「分散型金融」といいます。

より具体的に説明すると、「銀行や証券、保険や暗号資産取引所などの金融サービスを、ブロックチェーンを活用して提供するシステム」のことを、DeFi(分散型金融)と定義することができます。

DeFi の特徴

DeFiの大きな特徴のひとつは、取引が全てブロックチェーン上で処理されることである。これまでの暗号資産取引の多くは、取引の利便性やブロックチェーンのネットワークへ支払う手数料を抑えるためサービス提供社が管理するデータベースに記録されるという仕組みであり、ブロックチェーン上で操作されるのは暗号資産の入出金だけであった。そのため、業者の管理するデータベース上の処理は見ることができない。

一方で、DeFiはブロックチェーン上で処理されるため、すべての取引の記録がネット上で公開され、どのような取引が行われるのかは誰でも確認することができる。また、取引の実行や記録はブロックチェーン上で人の手を介さずに行われている。

加えて、DeFiのサービスは、システムの信頼性を高めるためソースコードを公開している。もちろん、誰でも見られると言っても技術的な知識は必要なのだが、これまでの金融サービスと比較しても非常に透明性が高いと言える。

また、DeFiの中でも、「DEX(Decentralized EXchange:分散型暗号資産取引所)」と呼ばれる暗号資産の取引所においては、利用者は自ら管理し、資産を預ける仕組みになっていない。例えば、暗号資産取引所や証券取引サービスを利用する際、取引より先に日本円を入金するなど自らの資産を預けることが一般的だが、DEXでは先に自分の資産を預けることなく、直接ユーザーのウォレットから取引を行う。そのため、事業者が倒産するなどのリスクを軽減していると言われている。

これらの特徴から、DeFiはテクノロジーとサービス設計でうまく信頼を担保していると言える。サービスの信頼を担保するような中央管理者が存在しないという点をテクノロジーとそれをうまく取り入れたサービス設計でカバーしているのだ。

最近では、イーサリアム系の暗号資産(ERC20トークン)をDeFiのレンディングサービスで運用することで利息を得る、「イールドファーミング」や「流動性マイニング」などが投資家の間で人気を集めています。

DeFi とイードルファーミング関係

DeFi(分散型金融)やイールドファーミングが国内でも話題になってきました。最近では、多くのプロジェクトが立ち上がっては新規トークンの発行を行っています。DeFiアプリケーションはスマートコントラクトに基づいており、中央管理者なしにプロフラム上で自動で動作しています。

①DeFiとイールドファーミング イールドファーミングとは、レンディングやDEX(分散型取引所)などのDeFiサービスに資産を貸し出す又は提供することで、金利や手数料収入を得る運用モデルです。

例えば、レンディングサービスのCompoundで特定のトークンを貸し出すと、数%の利回りを得ることが可能です。この利回りは、Compoundでそのトークンを借りたユーザーが支払った金利から捻出されます。他にもUniswapやBalancerでは、トークンを流動性として提供することで、対価として利用者が支払った取引手数料を得ることが可能です。このような流動性を提供する主体は、流動性提供者(リクイティディ・プロバイダー)などと呼ばれます。

DeFi(分散型金融)とCeFi(中央集権型金融)の違い

CeFi(中央集権型金融)との違い 暗号資産の世界には、DeFiと比較されるシステムとしてCeFi(Centralized Finance)と呼ばれるものがあります。日本語で「中央集権型金融」と呼ばれるCeFiは、企業や組織を介して金融サービスを提供する従来型のシステムとして、DeFiと対をなす存在として知られています。

DeFiとCeFiの主な特徴を以下にまとめました。

DeFi(分散型金融) ・様々な金融サービスをブロックチェーンを利用して提供するシステム ・特定の組織によって管理されない、透明性の高いサービスの実現を目指す CeFi(中央集権型金融) ・従来の金融機関(銀行や取引所など)の中で、暗号資産(仮想通貨)を取り扱うもの ・中央管理者がサービスを運営する

表にも記載してある通り、DeFiはブロックチェーン技術を利用することで、誰でも閲覧・検証可能な透明性の高いサービスの実現を基本理念としています。一方のCeFiは、従来の金融機関や企業の中で、暗号資産を取り扱う組織のことを指します。

DeFi の具体的なサービス

具体的には、DEX(分散型取引所)、ステーブルコイン、セキュリティトークンなど、注目の技術・サービスがこれに当てはまる。

DeFiは、具体的には証券、保険、デリバティブ、レンディングなど金融分野において、ブロックチェーンを活用したアプリケーションによって構成される金融システムを指します。

仮想通貨同様、中央管理者を必要とせず、分散型ネットワークによる自律したエコシステムで、誰でもアクセス可能かつ透明性の高い金融システムやプロジェクトを総称します。

現時点のプロジェクトとしては、中央管理者がいない分散型の仮想通貨交換所(DEX)、仮想通貨の貸し出し、デリバティブ契約などがある。

いわゆるDeFiに属するサービスは、銀行や証券会社のような役割を果たす個々のプロトコル(コントラクト)群によって構成されます。これまでインターネット上で提供されていた金融サービスと比較して、集権的な管理者が存在せずアクセス元の国家や利用者のバックグラウンドを選ばず誰にでも提供されることから、分散金融(Decentralized Finance)、あるいはOpen Finance (Op-Fi)などと呼ばれています。

「トークンをもらえる」仕組みが注目を集める とはいえ、ひとくちにDeFiと言っても、さまざまな種類のサービスが存在する。先ほど少し触れた分散型取引所のDEXや暗号資産を貸し借りするレンディングサービス、保険、決済、ファンドなど多種多様だ。それぞれ特徴的なサービスであるが、代表的な例として「Uniswap」について紹介する。

分散型取引所「DEX」の代表格であるUniswapは、イーサリアムと「ERC20」という規格を持つ暗号資産を売買できる取引所だ。中央集権型取引所のような暗号資産のリスティングという概念はなく ERC20の規格に沿ったコインであれば、どんなものでも取引できる。もちろん、取引してくれる相手がいればの話だが……。

有名なものには、MakerDAOのようなステーブルコインプロジェクトがあります。前述したように、海外では銀行や金融サービスにアクセスできない人が多くいます。MakerDAOは、そうした人たちに米ドルと価値が紐づいているステーブルコインを発行し、自由にやり取りできる資産DAI(Multi Collateral DAI)やSAI(Single Collateral DAI)を提供しています。

そのほかに暗号資産交換業者(分散型交換所「DEX」と呼ばれます)やデリバティブ、レンディングが挙げられます。

DeFiの例 プロジェクト名 ステーブルコイン MakerDAO 暗号資産交換業者 Uniswap デリバティブ Synthetix、Opyn レンディング Compound DeFiに関するサービスをまとめているウェブサイトのDeFiprime.comによると、2020年9月末時点ではイーサリアムベースでは206のプロジェクトがあるとされています。

DeFiprime.comによると、DeFiのカテゴリーは、「支払い」や「保険」、「資産のトークン化」など17ほどのサービスが分類されています。

現時点で展開されているDeFiのサービスとしては、以下のようなものが挙げられます。

・中央管理者のいない分散型取引所(DEX) ・仮想通貨のレンディング(第三者に貸し出して利息を得ること)

暗号資産の取引をしたことがある方なら、見覚えのあるサービスがあるのではないでしょうか。これらはすべて、DeFiサービスに分類されます。

DeFiのユースケース 貸借契約 オープンなプロトコルを用いた貸付は、最もポピュラーなユースケースの1つです。オープンで非中央集権的な貸借は、従来のクレジットに比べ、多くのメリットがあります。例えば、即時に取引を決済できること、デジタル資産を担保に利用できること、信用調査を省略できること、標準化できる可能性があることです。

パブリックブロックチェーン上では、貸付サービスをトラストレスに行うことができ、また暗号化を用いた認証方法を利用することが可能になります。ブロックチェーンを活用した貸付のマーケットプレイスを利用すれば、関係者間のリスクを軽減でき、貸借を低コストで迅速に行うことが可能になります。より多くの人がサービスを利用できるようにもなるでしょう。

銀行サービス 「分散型金融」を意味するDeFiは、もちろん銀行サービスを提供することもできます。例えば、ステーブルコインの発行、担保ローン、保険です。

ブロックチェーン業界はまだ成長段階にあるため、ステーブルコインの開発に注力する傾向があります。ステーブルコインは仮想通貨の一種で、通常は実資産にペッグされますが、比較的容易にデジタル上で移転するこができます。ビットコイン(BTC)を初めとする一般的な仮想通貨の価格は急変することがありますが、ステーブルコインは価値が安定しており、デジタル通貨として日常的な利用が想定されています。管理者による発行や監督が行われないことが特徴です。

主に仲介者が多いことが原因で、担保ローンの手続きはコストも時間もかかります。スマートコントラクトを利用すれば、融資の手数料や法的なコストを大幅に削減できる可能性があります。

ブロックチェーン上の保険は仲介者が不要です。関係者間のリスクを分散させ、保険の質を保ったまま保険料を下げることができます。

ブロックチェーンを活用した銀行サービスについてもっと知りたい場合は、バイナンスアカデミーの「ブロックチェーンが銀行業界にもたらす影響」を読みましょう。

非中央集権的なマーケットプレイス このユースケースは、最も成長の余地がある金融イノベーションのため、現時点で正確に評価することは困難です。

おそらく、DeFiの活用において最も重要なユースケースは、分散型取引所(DEX)です。分散型取引所のプラットフォームでは、ユーザーの資産を保有する信頼できる仲介者(取引所)がいなくても、デジタル資産の取引が可能です。スマートコントラクトを活用し、ユーザーのウォレット間で直接取引が行われます。

分散型取引所はメンテナンスの作業を減らすことができるので、中央集権化された取引所よりも一般的に取引手数料が安価です。

またブロックチェーン技術は、幅広く取引される従来の金融商品に対しても、所有権管理に利用することができます。中心的な管理者が不要で単一障害点がなくなるため、非中央集権的に管理を行うことが可能です。

例えば、セキュリティトークンのプラットフォームは、条件をカスタマイズでき、有価証券をブロックチェーン上でトークン化するためのツールとリソースを提供します。

その他には、金融派生商品、合成資産、分散型予測市場などのユースケースがあります。

DeFi が目指すところ

日本では金融サービスにアクセスできないということは少ないですが、海外ではそもそも銀行口座を持っていなかったり、米ドルの交換レートが決まっていたりする国があり、金融サービスが自由にならない地域が多くあります。DeFiはこうした人々に自由なアクセスが可能になる世界を目指しています。

また「分散型金融」という言葉は、オープンソースでパーミッションレスな透明性のある金融サービスを作ろうとする動きを指すこともあります。目的は、誰でも利用でき、中心となる管理者がいないエコシステムの構築です。ユーザーは、ピアツーピア(P2P)方式の分散型アプリケーション(dApps)を通してエコシステムにアクセスすることが可能になり、ユーザー自身が資産を管理できるようになります。

分散型金融の主な目的は、従来のシステムとは違った新しい金融サービスを作ることです。よりオープンな金融システムを構築し、世界中で検閲を防ぎ、サービス利用の格差をなくすことができる可能性を秘めています。

魅力的なアイデアである一方で、非中央集権性は良いことばかりではありません。オープンな金融商品を数多く作るためには、ブロックチェーンの特徴に最適なユースケースを見つけなくてはならないのです。

DeFiが発展すれば、中央集権化した大きな組織の代わりに、オープンソースのコミュニティや個人が権力を持つことができるでしょう。より効率性の高い金融システムが誕生するかどうかは、DeFiがメインストリームで利用されるかにかかっています。

DeFi の課題

一方で、ブロックチェーンのネットワークへ支払う手数料が高いという点では、やや課題が残っている。ネットワークへ支払う手数料はネットワークの利用が増えれば金額も上がるシステムとなっているため、少々痛い問題だ。

DeFiの課題 パフォーマンス:ブロックチェーンは本質的に、中央集権的なシステムよりも処理に時間がかかるため、技術の導入には注意が必要です。DeFiの開発者はこの課題を考慮し、適切に製品・サービスを設計する必要があります。 ユーザーの過失:DeFiのシステムでは、仲介者ではなくユーザーがあらゆる責任を負います。このことをデメリットと考える人は多いかもしれません。ブロックチェーン上のデータは変更できないため、ユーザーの過失によるリスクには注意が必要です。 ユーザーの負担:現時点では、DeFiの導入はユーザーに大きな負担がかかります。DeFiがグローバルな金融システムの中心へと発展するには、ユーザーが従来のシステムから切り替えたくなるような明確なメリットを提供しなくてはなりません。 複雑なエコシステム:特定のユースケースに対し、DeFiの最適な活用方法を見つけることは非常に大変です。最善の選択を行う必要があるでしょう。システムを構築するだけでなく、それを幅広いDeFiのエコシステムにどのように適応させるかを考えなくてはいけません。

DeFi のメリット

DeFiの中心的なメリットは、容易にアクセスできる金融サービスを作れることです。これは特に、現在の金融システムを利用できない人にとって大きなメリットです。また、モジュール化したフレームワークで構築できることも特長として挙げられます。パブリックブロックチェーンを利用した互換性のあるDeFiのシステムは、新しい金融市場や製品、サービスを生み出す可能性を秘めています。

DeFiの主なメリットは? 従来の金融システムは、銀行のような仲介者の役割を果たしてくれる機関に依存しています。また、仲裁には裁判所が必要です。

一方DeFiでは、仲介者も仲裁も必要ありません。起こり得るあらゆる紛争の解決策を、コードが明確に指定してくれます。そして、ユーザーは常に資産を自身で管理できます。これによって、商品を提供・利用するためのコスト削減にもつながり、金融システム上の摩擦も軽減します。

また新しい金融サービスをブロックチェーン上で行うので、単一障害点がなくなります。データはブロックチェーンに記録され、莫大な数のノードに共有されるため、サービスの検閲や中止を簡単には行えなくなります。

DeFiの基盤は前もって構築することができるので、より容易に、そしてより安全にサービスを開始することができます。

オープンなエコシステムであることのもう1つのメリットは、従来の金融サービスを利用できない人でも容易にアクセスができることです。従来の金融システムは営利目的の仲介者が必要なため、一般的に低所得者はサービスを利用できません。しかしながらDeFiは、コストを大幅に削減できるため、低所得者も様々な金融サービスを利用することが可能です。

DeFi におけるスマートコントラクトの役割

補足)スマートコントラクトとは
ブロックチェーン上で契約を自動的に実行する仕組みのことです。 イーサリアムなど多くの仮想通貨でスマートコントラクトが実装されています。 この仕組みは、自動販売機のように利用者が硬貨を投入し、飲み物のボタンを選択した瞬間に売買契約が成立するイメージに似ています。

現在もこれからも、分散型金融のほとんどがスマートコントラクトを利用します。一般的な契約が言葉で当事者間の条件を明示するのに対し、スマートコントラクトはコンピューターのコードを使います。

スマートコントラクトは、契約の条件をコードで指定します。コンピューター上のコードを通して契約を執行する仕組みになっており、これはスマートコントラクト特有の機能です。この仕組みによって、手作業で行われるビジネス上の多くのプロセスを、信頼性を保ったまま自動化できます。

そのためスマートコントラクトは、より速く安全に契約を執行することができ、当事者間の様々なリスクを軽減することが可能です。一方で、新たなリスクもあります。コンピューターのコードはバグが発生したり、脆弱性を有する場合があるので、スマートコントラクトに大切な機密情報を書き込むことにはリスクが伴います。

    Amazonチャージ