Compass note

未踏の地へ踏み出すコンパス的エンジニアノート

Google Cloud Platform(GCP)の Kubernetes を使いこなそう

Kubernetes は Google Cloud が開発したコンテナ管理オープンソースプロダクトです。

Google Cloud だけでなく、AWS、オンプレのどこでも導入できコンテナ管理のデファクトスタンダードになっています。

GCP で Kubernetes と Stackdriver logging 連携

Kubernetes Engine クラスタを作成し複数のポッドをデプロイします。

全てのコンテナログを BigQuery に格納する方法として Google は以下を推奨しています。

  • Kubernetes Engine クラスタの作成時に Stackdriver Logging をオンにする
  • Stackdriver Logging のエクスポート機能を使用して BigQuery への同期(シンク)を作成
  • Kubernetes Engine クラスタのみに関連したログレコードをエクスポートするフィルタ式を指定する

cloud.google.com

cloud.google.com

kubernetes.io

GCP でワーカーノード数を自動スケーリングできる新しい Kubernetes クラスタを作成する

Kubernetes Engine でクラスタを作成し、Kubernetes Engine で自動スケーリングを有効にします。

cloud.google.com

GCP Kubernetes クラスタでのノード追加方法

gcloud container cluster resize コマンドで必要な数のノード数を指定します。

Kubernetes 周りのネットワーク|Ingress、LoadBalancer、ClusterIP の使い分け

  • Ingress:パブリックインターネット上に公開される。ClusterIP は使えず、NodePortのみ機能する
  • LoadBalancer:パブリックインターネット上に公開される
  • ClusterIP:サービスはクラスタ内部のIPアドレスで公開される。インターネットへ公開されない

kubernetes.io

    Amazonチャージ