Compass note

未踏の地へ踏み出すコンパス的エンジニアノート

Graspy(グラスピー)のポイントため方と使い方【ポイントを溜めて無料でスキルアップ!】

Graspyのポイントのため方と使い方

Graspy(グラスピー)のポイントが課金しないと増やせないのか不安に思って登録をためらうひとが多いけど心配無用です。

ポイント獲得は「プロフ記入で500pt」「カリキュラム進捗をSNSシェアで20pt」の2通りのみ。いつの間にか受講費用が請求される。。。という心配なく無料で利用できます。

1 講座 100 ptなので、プロフ記入で 5 講座、SNS シェア 5 回毎に 1 つ受講できますね。

全てオンライン講座なので人と合う煩わしさや都心部への移動無くすぐキャリアップ勉強を開始できるのが嬉しいですね。

評判や口コミ、申込み方法の詳細を別記事でまとめています。

人気記事

Graspyってどう?口コミと評判まとめ【無料を使い倒そう!】

続きを読む

本記事では、Graspy のポイントについて詳しく紹介していきます。

この記事の要約

  1. Graspyはポイントを使って講座を利用します(1講座100ポイント)
  2. ポイントは初回登録時に最大500ポイント獲得
  3. 受講した講座やイベントをSNSシェアで20ポイントを獲得

Graspy(グラスピー)のポイントとは?

"Graspyのポイントとは"

Graspy はオンライン講座によりプログラミング学習を受講できます。

プログラミング講座は、HTML/CSS、JavaScript などのフロントエンドのプログラミング言語から、AI、機械学習、Pythonによるデータ分析、UI design for iOS/Android といった最新のITスキルを身につけることが出来ます。

Graspy のカリキュラムは無料なので費用はかかりませんが、受講のためにはポイントを利用します。

1 つの講座を受講するのに 100 ポイントが必要。

Graspy はポイントをためる必要があり、方法は 2 つ。

会員登録後のプロフィール記入

1 つは会員登録をした後にプロフィール記入することです。

プロフィールを全て記入することで 500 ポイント獲得。

しかも、プロフィール入力は 1 分ほどで完了できる分量です。

SNS でシェア

2 つ目は受講した講座やイベント、勉強会などをSNSでシェアすることで20ポイント獲得出来ます。

1 講座 100 ポイントなので、5 講座受講している間にシェアをしているとポイント不足で受講できない、といこともないですね。

Graspy(グラスピー) ポイントの使い方

 "Graspyのポイントの使い方"

Graspy のポイントの使い方はカリキュラムを受講するために使います。

Graspy ではプログラミング学習のためのいろいろな講座があり、Rudy on Rails を学習できたりUI Design for Android を学習できたりと、全部で 9 つのカリキュラムが用意されています。

初心者向けのプログラミング講座から上級者向けのプログラミング講座まで幅広くあるので、自分の学びたい講座を選んでポイントを消費することで受講できます。

プログラミング講座を受講した後は SNS でシェアすることで、ポイントをためれます。

ポイントを貯めて新たなカリキュラムを受講しプログラミング学習をどんどん進めてきましょう。

Graspy はイベントなども随時開始しており、オンラインセミナーなどのイベントは無料なのでポイントは必要ありません。

さらに、参加したイベントを SNS シェアするとポイントを獲得できます。

Graspyのポイントを使うのはカリキュラム受講のときのみであることがポイント。

Graspy(グラスピー) ポイントのため方と使い方まとめ

"Graspy(グラスピー)ポイントのため方と使い方まとめ"

Graspy のポイントはプロフィールの入力で 500 pt、SNS シェアで 20 pt とどんどんためれます。

ポイントを購入することはないので、費用が出ることは無く安心して無料でスキルアップ出来ます。

  1. Graspyはポイントを使って講座を利用します(1講座100ポイント)
  2. ポイントは初回登録時に最大500ポイント獲得
  3. 受講した講座やイベントをSNSシェアで20ポイントを獲得できる

人気記事

Graspyってどう?口コミと評判まとめ【無料を使い倒そう!】

続きを読む

より詳細を知りたい人は >> Graspy【公式サイト】へ。

    Amazonチャージ