Compass note

未踏の地へ踏み出すコンパス的エンジニアノート

【やってみた!!】マイクラ統合版サーバ(Bedrock Server)のバージョンアップ方法と引き継ぎ方法

AWS 上にマイクラ統合版サーバを構築して iPad やSwitchから接続して遊んでいます。

ある日突然「世界と接続出来ませんでした」と iPad も Switch からも接続ができなくなり色々調べたら iPad も Switch 側もアプリのアップデートがあり、AWS 上のサーバ側とのバージョン差異が発生しているのが原因でした。

AWS 側のマイクラサーババージョンアップの仕方をメモしておきます。

このやり方ではセーブデータの world ファイルは上書きされず引き継がれました。

マイクラバージョンアップ後の設定引き継ぎするためのバックアップ

マイクラバージョンアップ後の設定引き継ぎするためのバックアップを取得します。

まるっとディレクトごと cp でバックアップ取得すればOKです。

$ pwd
/home/ubuntu
$ ls -l
drwxrwxr-x 14 ubuntu ubuntu 4096 Nov 15 06:57 minecraft ★ここがマイクラのホームディレクトとしています
$ cp -r ./minecraft ./minecraft_bk20211211 ★ディレクトリごとコピー
$ ls
minecraft  minecraft_bk20211211

マイクラ統合版の新しいバージョンの確認とダウンロード

下記から新しいバージョンのzipのURLを確認します。

https://www.minecraft.net/ja-jp/download/server/bedrock/

ダウンロードのボタンのリンク先をコピーします。 今回は 1.18.2.03 が最新のバージョンなので以下がダウンロード URL でした。

https://minecraft.azureedge.net/bin-linux/bedrock-server-1.18.2.03.zip

マイクラAWSサーバ側での最新バージョンへのアップデート

アップデートは難しくありません。

wget で zip をダウンロードして、ホームディレクトで unzip 上書きするだけでOKです。

意外とかんたんでびっくり!

1.ディレクトリを確認

$ pwd
/home/ubuntu/minecraft ★ホームディレクトで作業します
$ ls ★ホームディレクトに各種ファイルが有ることを確認
Dedicated_Server.txt           bedrock_server_symbols.debug  development_resource_packs  permissions.json_org  server.properties      valid_known_packs.json
bedrock-server-1.17.41.01.zip  behavior_packs                development_skin_packs      premium_cache         server.properties_org  whitelist.json
bedrock_server                 definitions                   minecraftpe                 release-notes.txt     structures             world_templates
bedrock_server_how_to.html     development_behavior_packs    permissions.json            resource_packs        treatments             worlds

2.wget で最新バージョンのzipを入手する

$ wget https://minecraft.azureedge.net/bin-linux/bedrock-server-1.18.2.03.zip
$ ls -l *zip
-rw-rw-r-- 1 ubuntu ubuntu 61477623 Oct 27 16:04 bedrock-server-1.17.41.01.zip ★現在のバージョン
-rw-rw-r-- 1 ubuntu ubuntu 63042052 Dec  9 16:55 bedrock-server-1.18.2.03.zip ★アップデートしたいバージョン
$ unzip bedrock-server-1.18.2.03.zip 

unzip すると上書きするかを聞かれるので A(all) で上書きしちゃいます。(めんどうなので。。。)

その後、設定ファイルをバックアップから戻します。

- permissions.json
- server.properties
- whitelist.json

cp ../minecraft_bk20211211/permissions.json ./ cp ../minecraft_bk20211211/server.properties ./ cp ../minecraft_bk20211211/whitelist.json ./

このやり方ではセーブデータの world ファイルは上書きされず引き継がれました。

マイクラ統合版サーバの起動

あとはいつも通り screen でサーバを起動すればOKです。

$ LD_LIBRARY_PATH=. screen -dmS bds ./bedrock_server
$ ps -ef |grep bedrock_server
ubuntu      6056       1  0 05:29 ?        00:00:00 SCREEN -dmS bds ./bedrock_server ★これがあればOK
ubuntu      6057    6056 11 05:29 pts/1    00:00:01 ./bedrock_server
ubuntu      6079    5912  0 05:29 pts/0    00:00:00 grep --color=auto bedrock_server

マイクラ統合版(BE版)の管理が面倒になったら

自前でマイクラサーバの管理が面倒になったら ConoHa VPS の Minecraft サーバを利用してみるのも手です。

バージョンアップの管理機能も一通り揃っているので、コマンド操作からではなく管理画面からポチポチっと管理できるんですよね。

何個か ConoHa でもサーバ建てているけど、そんなに凝った改造しないのであればこれで十分です。

ConoHa Minecraft サーバの機能一覧

項目 管理内容
バージョン変更 バージョンアップの変更が可能です。
Minecraftサーバー設定 Minecraftサーバーを起動/停止に設定できます。
自動バックアップ 自動バックアップをON/OFFに設定できます。
ゲーム設定 ゲームモードや難易度の変更、PvP設定が可能です。
ワールド設定 ワールドのサイズ変更や再生成が可能です。
詳細はこちらで確認 >> Minecraftサーバを簡単に作れる ConoHa VPS(レンタルサーバ)

Minecraftサーバを簡単に作れる ConoHa VPS(レンタルサーバ)

    Amazonチャージ