Compass note

未踏の地へ踏み出すコンパス的エンジニアノート

インフラエンジニアとは【アプリケーション実行環境を整えるお仕事です】

インフラエンジニアとは【アプリケーション実行環境を整えるお仕事です】

インフラエンジニアとは

インフラエンジニアとは、アプリケーションを実行するための環境を設計/構築/実装/運用するエンジニアのことです。

主にサーバ/ネットワークを調達し、Linux/WindowsのOSインストール、Webサーバ/アプリケーションサーバ/データベスのセットアップを行います。

コンテナ管理の役割もインフラエンジニアが担います。

クラウドエンジニアもインフラエンジニアの中に含まれ、アプリケーションが実行できるようにクラウドサービスメニュを適切に選定し、サービスごとの処理連携を行います。

その他にも、

・アプリ処理パターン標準化 ・アプリ共通機能標準化 ・アプリローカル開発環境提供 ・アプリ配布仕組み提供

などを行います。

要はアプリ担当がEclipseだけ見てれば良い世界を提供するのがミッションです。

インフラエンジニアとは|物理サーバ/ネットワークの調達

HPE社やDELL社などからハードウェアを調達します。調達した機器を自社データセンタやオフィスへ搬入設置を行います。

インフラエンジニアとは|OSインストール

搬入、設置後、Linux や Windows Server などの OS インストールを行います。 ハードウェアを調達するときに、すでにインストール済みの場合はこの工程はありません

インフラエンジニアとは|ミドルウェアセットアップ

Webサーバ:Apache HTTP や Nginx、IIS などインターネット越しにリクエストを受け付けるためのミドルウェア

アプリケーションサーバ:Tomcat のように Java やその他のアプリケーションサーバ実行環境 データベース:PostgreSQL、MySQL、Oracleのようにデータを扱いやすいように格納する仕組み

インフラエンジニアとは|コンテナ管理

Docker、Kubernetes といったコンテナ管理ツール整備やコンテナ実行環境設計/構築を行います

インフラエンジニアとは|クラウドエンジニア

アプリケーションが実行できるようにクラウドサービスメニュを適切に選定し、サービスごとの処理連携を行います。

    Amazonチャージ