Compass note

未踏の地へ踏み出すコンパス的エンジニアノート

【確定申告】65万円の「控除」を確実にゲットする方法

確定申告で65万円の控除をかんたんにゲットできる freee 会計

freee 会計を利用すると面倒な確定申告も確実にカンタンに65万円の控除を手に入れることができます。

  1. freee会計なら、確定申告を大幅に時間短縮。
  2. 口座とのデータ連携で、作業がグッと少なく。
  3. 確定申告は〇×の質問に答えるだけ。
  4. スマホからでもスキマ時間に完了。
\ 無料で始めれる確定申告!
会計アプリfreee(登録無料)
freee会計なら、はじめての確定申告でも確実に!

freee 会計を利用して「青色申告特別控除」を確実にゲット

青色申告の65万円控除を使うと、最大65万円の所得を減らすことができます。

控除は経費と同じように所得を減らすことで節税になるいう仕組みです。

所得が減ることで課税対象の金額を少なくすることができ、結果として節税に繋がります。

所得 = 売上 - 経費 - 控除

65万円の控除を得るために必要な3つの条件

  1. 複式簿記で帳簿を付けること
  2. 貸借対照表と損益計算書を確定申告時に提出すること
  3. 電子確定申告すること

日々帳簿をつけて、税務署で書類もらって、税理士さんにチェックしてもらって、、、大変だなぁーというイメージがありますが、freee 会計を使うとすべてがスマホで完結します。

確定申告の4つのステップ

  1. レシートや請求書を集める
  2. 日々の取り引きを帳簿に付ける
  3. 確定申告書・決算書をつくる
  4. 税務署に提出・納税

一番大変なのは「日々の取り引きを帳簿に付ける」です。

どれだけミス無く帳簿につけることができるかが確定申告でいちばん大事なことです。

f:id:team-creative-lab:20220122154142j:plain

freee会計を使えば帳簿も確定申告もカンタン

freee 会計を使うと複式簿記の知識不要で帳簿を付けることができます。

アプリでかんたんに日々の帳簿を入力することができます。

必要な入力作業はたったの 4 つのみ。

f:id:team-creative-lab:20220104115551j:plain

決算書も確定申告書もかんたんに作成

f:id:team-creative-lab:20220104115704j:plain

「確定申告書類の作成」というボタンを押すだけで書類は自動で出力されます。

作成した書類はそのままオンラインで税務署におくることができるので、わざわざ税務署へ行く必要がありません。

  1. freee会計なら、確定申告を大幅に時間短縮。
  2. 口座とのデータ連携で、作業がグッと少なく。
  3. 確定申告は〇×の質問に答えるだけ。
  4. スマホからでもスキマ時間に完了。
\ 無料で始めれる確定申告!
会計アプリfreee(登録無料)
freee会計なら、はじめての確定申告でも確実に!

    Amazonチャージ