Compass note

未踏の地へ踏み出すコンパス的エンジニアノート

2021-06-01から1日間の記事一覧

Coincheck(コインチェック)で現物取引出来る銘柄の種類をまとめました。

Coincheck(コインチェック)で、板取引ができる現物取引対象の銘柄は 4 つです。 1. ビットコイン(BTC) 1. イーサリアム(ETH) 1. ファクトム(FCT) 1. モナコイン(MONA)

【実際使ってみて比較!】CoincheckとbitFlyerどっちが良い?手数料やビットコイン買い方を比較

この記事では国内大手仮想通貨取引所であり、利用ユーザ数が多い Coincheck(コインチェック)と bitFlyer(ビットフライヤー)について、以下の 4 つの観点で比較をしてみました。 1.手数料、2. 取り扱いコイン、3. ビットコインの買い方、4. アプリの機能

やってみてわかったよ。Coincheck(コインチェック)アプリの使い方・見方・現物取引方法

Coincheck アプリはダウンロード数が270万を超えて国内No.1ダウンロード数を誇ります。 初心者でもわかりやすい、と評判なので実際に試してみました。 結論としては「あ、迷わずビットコインを変えちゃった!」と難しいイメージがあった暗号資産(仮想通貨)の…

Coincheck(コインチェック)の指値注文/逆指値注文とは値段を指定した売買方法です。やり方を解説します。

Coincheck(コインチェック)でビットコインを売買する時の方法として「販売所」と「取引所」の 2 つがあります。 「取引所」は Coincheck の利用者同士がビットコインを売買する仕組みです。 この「取引所」において売買レートと注文量の「売買板」を見なが…

Coincheck「取引所」の使い方、ビットコインの買い方を解説します。【現物取引(板取引)が購入費用下げれます】

「取引所」機能での現物取引(板取引)とは「買いたい値段」「売りたい値段」をそれぞれの利用者が提示してマッチングすれば売買成立する、という仕組みです。 「販売所」は Coincheck が保有するビットコインをあなたと Coincheck との間で売買します。 本…

Coincheck(コインチェック)のAPIをPythonで叩いてみた。

Coincheck(コインチェック)には公開情報を取得できる Public API と登録アカウントに紐付く Private API の 2 種類があります。 - Public API:ビットコインの価格取得、板情報の取得などログインしなくて取得できる - Private API:個人の所持ビットコイ…

「Coincheckつみたて」のメリット・デメリットや手数料、スプレッドなどを徹底解説します。

値動きの激しい暗号資産(仮想通貨)において、売買のタイミングに悩む必要がありません。 暗号資産(仮想通貨)を短期の売買で行いたい人には向いていないですが、暗号資産(仮想通貨)の勝ちパターンである「ガチホ」といった中長期運用を行いたい初心者に適して…

【動画あり】スマホからCoincheck(コインチェック)登録方法をスクショ14枚でわかりやすく解説。【口座開設はかんたん】

本記事ではスマホから Coincheck(コインチェック)の口座登録をする方法を解説していきます。 Coincheck(コインチェック)の口座開設はたった 4 ステップで完了します。 1. メールアドレスとパスワードでアカウント登録 1. SMS認証 1. 本人確認 1. 二段階…

私のコインチェック(Coincheck)を使ってみた口コミ&調べた評判・メリット/デメリットを解説します。

インチェック(Coincheck)はマネックスグループ株式会社の子会社であるコインチェック株式会社が運営する仮想通貨取引所です。 コインチェック(Coincheck)は、国内でも最多の仮想通貨を取り扱っています。 また、累計 300 万人を突破し国内最大のスマホダ…

    Amazonチャージ